特別支援教育研究部会

令和2年度 特別支援教育研究部会報告

1 役員の選出

 今年度はコロナウイルスの感染拡人防止に伴う臨時休業のため、総会は紙面実施となった。その後、今年度の役員が承認された。

2 今年度の活動方針

(1)特別支援学校間のネットワークを構築し、進路指導、進路情報の共有化を図る。

(2)障害者福祉・就労支援・特別支援学校等の視察を通して進路指導のあり方を考える。

(3)卒業後の進路先への確実な定着を支援し、より望ましい進路指導のあり方を目指し研究協議を重ねる。

3 今年度の活動報告

(1)夏季研修会

 中止

(2)研究協議会

 10月27日(火) 14:00~16:30 参加者48名

 会場:埼玉県障害者交流センター

 ・研究発表及び研究協議(進路指導主事会と合同開催)

  発表校の特色や進路指導における具体的な取り組みを聞き、質疑等を行なった。各校の進路指導を知る良い機会となった。

  次第

  開会

  あいさつ

   埼玉県高等学校進路指導研究会 副会長

   埼玉県教育局県立学校部特別支援教育課 指導主事

  発表 テ一マ「特別支援学校における進路指導の実践」

  研究発表

    県立久喜特別支援学校

    県立熊谷特別支援学校

  質疑・応答

  進路指導主事会全体会

  ブロックごとに分科会(東・西・南・北)